JTBグループのクルーズ旅行専門デスク国内から地中海・エーゲ海・世界一周

PTSクルーズデスク

    • 文字サイズ
  • お問い合わせ
  • 電話番号:03-5958-6447
  • 営業時間 10:00—18:00

クルーズについてクルーズの出発前に準備すべき持ち物リスト

投稿日:2014年8月12日

クルーズの出発前に準備すべき持ち物リスト

はじめてのクルーズ旅行、色々と計画を立てて事前準備をしていることでしょう。パスポートの手配や旅行会社からの確認書類などがそろったら、いよいよ荷造りを始めます。

では、クルーズ旅行にはどんな持ち物が必要なのでしょうか。準備すべき持ち物を早速チェックしてみましょう。

クルーズの持ち物 最低限必要なものはこれ!

クルーズ旅行の持ち物で、もっとも大事なのはパスポートと乗船券です。これがないと旅行できませんので、出発前に必ずチェックしましょう。

そして、現金、クレジットカードも忘れてはいけません。旅行中の船内でのショッピングやバーなどの会計は乗船証とサインで処理し、下船時に一括でクレジットカード精算する方法が一般的です。もちろん現金でも支払えますが、クレジットカードがあるとよりスムーズです。客船によってご利用可能なクレジットカードの種類が変わりますので、事前にご確認ください。

また、フォーマルが必要であれば、タキシード、フォーマルスーツ、ドレスなどを用意し、インフォーマルでOKであれば、ジャケットやスーツ、ワンピースなどを用意しておきましょう。ネクタイやカフスボタン、ポケットチーフなどの小物や、フォーマル・インフォーマル両方の靴も用意しておくと安心です。

ドレスコードは客船やコースによって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

あったら重宝する! 余裕があれば持って行きたいもの

クルーズ旅行に持って行くと便利なものとしては、日焼け対策の帽子やサングラス、日焼け止めクリーム、動きやすいラフな服装、サンダル、水着やスポーツウェアなどです。また、意外と重宝するのが、乗船証を入れるネックストラップ付きのパスケースです。船内のショップでお買い求めいただけたり、参加ツアーによっては出発前にもらえたりします。

寄港地における観光には、できるだけ動きやすいカジュアルな服装が適しています。水着やスポーツウェアは船内のプールなどのスポーツ系施設にも利用できます。冬は防寒着が必需品になります。ダウンなどの暖かいアウターを用意しましょう。

持って行ってはいけないものがある?!

客室にスーツケースを置いておくことができるので、クルーズ旅行にはたくさんの荷物を持ち込むことができますが、何でも持って行っていいというわけではありません。

船内には、火薬や弾薬などの危険物はもちろんのこと、武器となるような鋭利な刃物、違法な薬物などは持ち込み禁止です。

また、アルコール飲料、ろうそくやお香、コーヒーメーカーやアイロン、ホットプレートなどの電化製品、漂白剤や塗料などの化学薬品も持ち込みできないことが多いです。船内で購入したお土産用のアルコール飲料については、下船時まで預かってくれることもあります。

その他には、常備薬や予備のメガネ、カメラやスマートフォンの充電器なども忘れずに持参しましょう。外国船に乗る場合は、変換プラグや変圧器が必要な場合もあります。事前にしっかりと準備して、楽しい旅にしたいものですね。

ページの先頭へ


PTSクルーズデスクでは、1983年より培ったノウハウにより、国内から地中海・エーゲ海・世界一周まで、クルーズの旅をトータルサポートいたします

Copyright© PTS Corp. All Rights Reserved.