JTBグループのクルーズ旅行専門店が”クルーズスタイル”の旅をご提案します

JTB PTS クルーズラウンジ横浜

    • 文字サイズ
  • お問い合わせ
  • 電話番号:045-285-9620
  • 営業時間 10:00—20:00 年中無休

クルーズについてアラスカの寄港地のおすすめ観光スポット

投稿日:2014年10月1日

アラスカの寄港地のおすすめ観光スポット

アラスカはアメリカの北端に位置する州で、本土やハワイ諸島などとは異なる独自の文化や歴史が多数存在します。

現地の言葉で「半島」と言う意味を持つアラスカには、数々の寄港地が存在します。ここでは、アラスカのおすすめ寄港地をご紹介します。

神秘の世界へと誘うジュノーのメンデンホール氷河洞窟

ジュノーはアラスカでもカナダ国境に近い場所に位置する大きな都市で、市外に通じる鉄道や道路がないため、飛行機と船が主な交通手段になっています。

そんなジュノーに寄港した際に是非立ち寄ってほしいのが「メンデンホール氷河洞窟」。巨大な氷河が溶けてできた洞窟で、青白い光に包まれた洞窟内には凍った川から白い霧が立ちのぼり、まるで異世界のようです。

この世のものとは思えないほど幻想的なメンデンホール氷河洞窟に、ぜひ足を運んでみてください。

スリル満点の鉄道の旅 スキャグウェイのホワイトパス

アラスカ南部のカナダ国境に近い場所に位置するスキャグウェイ港。だまし絵の描かれたお店や木製のおしゃれなボードウォークなど、アドベンチャーゲームの世界を再現したような遊び心のある街並みが、立ち寄る人々を楽しませてくれます。

この地は昔、ゴールドラッシュへ続く街として、金銀財宝に思いを馳せる人々の拠点として栄えました。そんな「金」を求める人々のために引かれた鉄道は、ホワイトパスと呼ばれる険しい山々の断崖絶壁に沿って走り、乗客をスリリングで爽快な気分にしてくれます。

もちろん乗客に危険はありませんので、スキャグウェイならではの鉄道の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ケチカンのクリーク通りで清流の安らぎを

ケチカンはアラスカ最南端の地で、かつては先住民のクリンケット族が暮らしていた地域です。日本の岐阜県下呂市と姉妹都市提携を結んでおり、今でも活発に交流しています。

そんなケチカンに降り立ったら、先住民の名前にも似ている「クリーク通り」に足を運んでみてください。通りの中央には美しく澄んだ清流が流れており、野生のアザラシやラッコなどを見ることができます。

ケチカンならではの雄大な自然と、その地に暮らす動物たちが多くの観光客を楽しませてくれる場所です。

アラスカは日本から遠く離れており、日本人にとってあまり馴染みのない地域ですが、日本とはスケールの違うその雄大な自然に、一目で心を奪われると思います。

アラスカに寄港する際は、是非いろいろな地域に足を運んで、大自然の美しさを満喫してください。

ページの先頭へ


JTB PTS クルーズラウンジ横浜では、1983年より培ったノウハウにより、国内から地中海・エーゲ海・世界一周まで、クルーズの旅をトータルサポートいたします

Copyright© PTS Corp. All Rights Reserved.