JTBグループのクルーズ旅行専門デスク国内から地中海・エーゲ海・世界一周

PTSクルーズデスク

    • 文字サイズ
  • お問い合わせ
  • 電話番号:03-5958-6447
  • 営業時間 10:00—18:00

クルーズについてスペインの寄港地のおすすめ観光スポット

投稿日:2014年10月1日

スペインの寄港地のおすすめ観光スポット

スペインはヨーロッパ南西部に位置するイベリア半島の国です。フランスやポルトガルなどと陸続きになり、隣国と接している地域もありますが、多くは大西洋、バレアス海に面しています。

かつてはスペイン帝国として世界に名を轟かせていた国には、今もなおその面影が残る深い歴史が刻まれています。

今回はそんなスペインに寄港した際の観光スポットをご紹介します。

かつての帝国を誇る歴史と、クリエイティブな人々が融合する都市、バルセロナ

スペイン最大の港町と言えば、バルセロナです。過去にオリンピックが開催されたり、世界屈指のサッカークラブがある地域として、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ここバルセロナは、かつてのローマ時代から築き上げてきた誇り高い歴史と、現代の最新技術を取り入れた先進的な光景を一度に見ることができます。

中でも、最もおすすめしたいポイントは、市街地を一望できる小高い丘の上にあるグエル公園です。ユネスコ世界遺産にも登録されたこの公園は、創造的な建築物、デザイン性あふれる置物など、感性に訴えかけられる造形物を見ることができます。

またこの公園は、人々が楽器を演奏したり、絵を描いたりと、アーティスト活動を行う場でもあります。スペインの人々の文化に触れてみたいなら、ぜひ行ってみてください。

バルセロナの中心部にあるサクラダ・ファミリアも、バルセロナに寄港した際は足を運んでほしいおすすめ観光スポットです。今なお建築中ですが、その壮大な姿はスペインを象徴するモニュメントとしても有名です。

 

ラ・コルーニャで、カトリックの聖地を体感

ラ・コルーニャは、大西洋に面したスペインの港町です。古くからスペイン国内の重要な港として人々に支えられてきた地域で、近年は人口が急増し、近代的なビルや商業施設が多数建設され、さまざまな産業が活発に行われています。

ラ・コルーニャには、サンチャゴ・デ・コンポステーラと言うカトリック教会の大聖堂があります。毎年多くのカトリック信者がこの地を訪れ、巡礼しています。

このサンチャゴ・デ・コンポステーラの大聖堂の屋根裏にのぼる事ができると言うツアーがあります。厳かな外観や内部の装飾など非常にすばらしい芸術を見ることができ、市街地を一望できる景観は必見です。このツアーは予約制なので、向かう前に必ず予約を行いましょう。

ビルバオで世界最大級の美術に触れる

ビルバオはスペイン最北部に位置する都市です。このビルバオには、世界各地で美術館を展開する「グッテンハイム美術館」があります。

驚くのはその外観。建築を担当したディレクターは「大胆かつ革新的なデザインを追求」したとのコメントをしているほど、その形状は独特なものです。ガラス、チタニウム、石灰岩で覆われ、不規則に湾曲する側面が全体を巨大な船の様な形にしているのです。

展示品もさまざまで、長さ120メートルにも及ぶリチャード・セラの「Snake」や植え込みで作られた巨大な子犬「パピー」などが展示されています。美術館好きだけでなく、一般の人も間違いなく楽しめる観光スポットです。

ページの先頭へ


PTSクルーズデスクでは、1983年より培ったノウハウにより、国内から地中海・エーゲ海・世界一周まで、クルーズの旅をトータルサポートいたします

Copyright© PTS Corp. All Rights Reserved.