JTBグループのクルーズ旅行専門デスク国内から地中海・エーゲ海・世界一周

PTSクルーズデスク

    • 文字サイズ
  • お問い合わせ
  • 電話番号:03-5958-6447
  • 営業時間 10:00—18:00

クルーズについてクルーズに乗船したら最初にやるべきこと

投稿日:2014年8月12日

クルーズに乗船したら最初にやるべきこと

クルーズに乗り込んだらいよいよ船旅がスタートします。船の中で何をしよう?とわくわくしますが、乗船直後はやらなければいけないことがたくさんあります。

船旅を充実させるために、どんなことをする必要があるのかを確認しておきましょう。

貴重品の管理

クルーズに乗船後、真っ先にやるべきことは貴重品の管理です。セーフティーボックスが用意されている客室であれば、貴重品を入れてロックします。

最近のセーフティーボックスは暗証番号を自分で設定して閉めるものが主流です。暗証番号は他人に推察されづらいものにします。また、暗証番号を忘れないように紙に書いて保管することは絶対にやめましょう。

船内新聞の確認

スムーズに船内生活を楽しむために、客室内に置かれた船内新聞を確認する必要があります。夕食やショーの時間、ドレスコードなど、船内生活に必要な情報が網羅されております。毎晩翌日の船内新聞が客室に届けられますので、毎日欠かさずチェックするようにしましょう。

クレジットカードの登録

クルーズ旅行では、乗船時または乗船後にクレジットカードの登録を行います。船内でのショッピングやバーでの会計、寄港地ツアーでかかった費用などを付けにしておき、下船後にクレジットカードから引き落とされます。

寄港地観光の予約

クルーズ旅行によっては、寄港地で観光を楽しめるオプショナルツアーを用意している場合があります。事前に予約することもできますが、乗船してからじっくりと吟味して予約することも可能です。

ダイニングの予約

クルーズ旅行は食事が料金に含まれるケースが多いですが、通常のダイニングのほかに特別ダイニングが用意されており、事前に予約できる場合があります。

また、通常のダイニングを含め、18時開始、20時半開始など、時間が分かれている(いわゆる「二回制」)ことがあります。
自分の望む時間にディナーを楽しむためにも、予約することをおすすめします。(客船やコースにより予約ができない場合がありますので、事前に確認が必要です)

避難訓練

クルーズ旅行に初めて参加する方は驚かれるかもしれませんが、クルーズ船では必ず避難訓練を行います。避難訓練は、一般的に乗船初日に行われます。当日のイベントスケジュールが掲載されている船内新聞などで、避難訓練の時間をチェックするとよいでしょう。
夕食の少し前から避難訓練がスタートすることが多いようです。

避難訓練では、客室にあるライフジャケットを着て、指定の場所に集まります。避難訓練は国際海事法によって定められていますので、乗客全員の参加が求められます。

点呼やライフジャケットの機能説明、緊急時の笛の使い方などのレクチャーを受けます。
また、自室からの避難経路などもしっかりと確認しておきましょう。備えあれば憂いなし、ですよね。

クルーズに乗船した初日はやることがたくさんあって大忙し!あらかじめ何をしなければいけないかを確認し、スケジュールを立てておきましょう。

ページの先頭へ


PTSクルーズデスクでは、1983年より培ったノウハウにより、国内から地中海・エーゲ海・世界一周まで、クルーズの旅をトータルサポートいたします

Copyright© PTS Corp. All Rights Reserved.