JTBグループのクルーズ旅行専門デスク国内から地中海・エーゲ海・世界一周

PTSクルーズデスク

    • 文字サイズ
  • お問い合わせ
  • 電話番号:03-5958-6447
  • 営業時間 10:00—18:00

クルーズについて船内のネット環境事情

投稿日:2014年9月5日

船内のネット環境事情

クルーズ旅行中に出会った素晴らしい景色を写真に収め、SNSに投稿して友だちに伝えたい。そんなとき、気になるのが船内のインターネット環境についてです。もちろん、渡航先やクルーズ船によって事情は異なりますが、ここでは一般的なケースをご紹介します。また、携帯電話の利用状況や、Wi-Fiサービスについても見てみましょう。

船内のネット環境は?

インターネットを利用した調べものやメールの送受信を船内で行いたい場合、どんな方法があるのでしょうか。

一般的なクルーズ船には、インターネットカフェのような施設があることが多いようです。しかし、そこはやはり海上。陸地ほど安定して接続ができるわけではなく、特にサテライトや衛星を利用して接続している場合、悪天候時には通信が切断されてしまうことも。

また、船内備えつけのパソコンでは、日本語入力ができない場合もありますので注意しましょう。

船内で携帯電話は使える?

航海中のほとんどは「圏外」となり、基本的に携帯電話を利用することはできません。ですが、沿岸を航海しているときには電波が届くタイミングもありますので、そこがチャンスかもしれませんね。その場合も、携帯電話会社のサービスである「海外パケット」の事前契約が必要になります。

船内から電話をかけたいという場合、有料になりますが、客室備えつけの電話が利用できることがあります。また、公衆電話を設けているクルーズ船もあるようです。

船内や寄港地でのWi-Fi事情

持参したノートパソコンやタブレット、スマートフォンでインターネット接続をしたい。そんな要望に応えてくれるクルーズ船もあります。パブリックエリアでWi-Fi接続ができたり、客室でも、Wi-Fi接続や有線接続ができる場合も。

料金は、1分いくら、というケースもありますが、長時間利用したいときには、100分接続がパックになっているサービスもあります。

また、寄港地では、カフェやバーなどでWi-Fiを利用できることが多いようです。

海外用のWi-Fiルーターをレンタル

海外の寄港地で確実にWi-Fiを利用したいのなら、海外用のWi-Fiルーターをレンタルするのがおすすめです。クルーズ前にインターネットなどであらかじめ申し込んでおけば、空港カウンターや宅急便での受け取りができます。

海外とのデータのやり取りも、定額内で利用できることが多いようです。ルーターをひとつレンタルしておけば、同行する家族や友だちとも共有できるのでとても便利です。寄港地だけでなく船内でも利用可能なWi-Fiルーターですが、やはり海上ではつながりにくいこともあるので、この点には十分気をつけておきましょう。

ページの先頭へ


PTSクルーズデスクでは、1983年より培ったノウハウにより、国内から地中海・エーゲ海・世界一周まで、クルーズの旅をトータルサポートいたします

Copyright© PTS Corp. All Rights Reserved.