PTSクルーズからのお知らせ
有効期限:2019年3月31日

【商品情報】飛鳥U 2020年 世界一周クルーズ発表!!

 


日本船籍最大のクルーズ客船「飛鳥II」(50,142トン)による「2020年 世界一周クルーズ」の実施を発表いたします。


 


飛鳥クルーズ通算23回目(*1)となる「2020年 世界一周クルーズ」の航路は、2020年4月2日に横浜、 4月3日に神戸を出港し、アジア、スエズ運河、地中海・西欧・北欧、北極圏、大西洋をわたり北米東 海岸、カリブ海、パナマ運河、北米西海岸、太平洋を経て7月13日横浜、7月14日に神戸に帰港する横浜発着、神戸発着各103日間の日程です。


 


全16か国25寄港地の内、ゴア(インド)、ゼーブルージュ<ブルージュ>(ベルギー)、トロンハイム(ノルウェー)、ケープカナベラル(アメリカ)、マサトラン(メキシコ)の5港に初寄港します。


「2020年 世界一周クルーズ」では、スエズ運河およびパナマ運河通航やノルウェー・フィヨルドクルージングで大自然を満喫する船旅ならではの迫力の景観をご覧いただけるほか、地中海の多様な魅力をじっくり堪能できるようギリシャ・イタリア・スペインでは趣の異なる街に寄港します。また、オプショナルツアーで、リボルノから「ウフィッツィ美術館(フィレンツェ)休館日特別入場」やニューヨーク「メトロポリタン美術館
開館前特別見学」など世界の芸術文化に触れるツアーを企画し、飛鳥クルーズならではの工夫で世界を巡る楽しみをさらに盛り上げます。


クルーズ特典として、ご乗船の皆様をフロリダの「ケネディ宇宙センター半日観光」へ。さらに、スイート客室(S,A,C)のお客様には「ロンドン ナショナル・ギャラリー イーストギャラリー貸切観覧&ディナー」へご案内します。


船内生活を華やかに彩るゲストエンターテイナーによるステージや知的好奇心を刺激する講座、寄港地にちなんだ様々なイベント開催など、103日間楽しみが尽きません。「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018」でグランプリ・国土交通大臣賞を受賞した飛鳥クルーズ「世界一周クルーズ」の歴史と経験を活かし、日本のお客様の嗜好にあったお食事や飛鳥流のおもてなしで、我が家で過ごすような寛ぎの「世界一周クルーズ」をご提供いたします。


旅行代金は、「ワールド特別割引」「早期全額支払割引」「早期申込割引」と早めのご予約がお得な割引旅行代金を設定しています(期日・条件あり)。


今後のスケジュールは下記を予定しています。


・パンフレット完成 2019年1月下旬予定 ・販売開始 2019年2月15日 全国一斉発売


※クルーズスケジュール等の詳細は、https://www.asukacruise.co.jp/2020world/をご参照ください。


 


 (*1)飛鳥クルーズは、1996年の第1回実施から2018年までに飛鳥・飛鳥Uによる「世界一周クルーズ(ワールドクルーズを含む)」を22回実施しています。



≪1つ前のページに戻る

有料WEB会員様専用ログインページ

2015年5月31日をもちまして
新規会員登録を終了いたしました

おすすめコンテンツ

  • 説明会
  • 電子パンフレット
    • お申込みから出発まで
    • 一日体験
    • 体験談
    • 乗下船地・寄港地情報
    • Q&A/クルーズ用語
    • Q&A/クルーズ用語
おすすめコンテンツ