日本船
ツアータイトル

にっぽん丸
熊野古道プレミアム

日程 2019年3月7日(木)〜3月10日(日)【4日間】
乗船区間 横浜〜 横浜
お問い合わせ/資料請求
説明会のご案内

このコースのおすすめ!

●熊野古道を楽しむ。

1日目は尾鷲で下船(通船)。馬越峠道などを歩き、天気が良ければ眼下に海を望む美景をみることができます。にっぽん丸のお客様の下船完了後、新宮港まで移動。皆様のお帰りをお待ちしております。翌日、早朝に出発する小雲取越コースなど古くからの祈りの道を思う存分お楽しみください(オプショナルツアー)。

●熊野速玉大社でスペシャルコンサート。

熊野三山の一つで本宮・那智とともに熊野信仰の中心として名高い古社。この本殿を舞台に、テノール歌手秋川雅史のコンサートを開催します。ライトアップされた社殿に幻想的な歌声が響き渡る公演は必聴です。
※悪天候の場合は、中止または会場を変更して実施する場合がございます。

エンターテイメント

●「秋川雅史(テノール歌手)」のステージをお楽しみください。

国立音楽大学・同大学院にて中村健氏の指導を受けた後、デリオ・ポレンギ氏に師事。現在、最も実力、人気を供えたテノール歌手として活躍している。


日程表

日程 月日
(曜)
スケジュール 食事
1 3/7
(木)
横浜 [17:00]出港。
【ドレスコード:インフォーマル】
【船中泊】
なし
なし
夕食
2 3/8
(金)
尾鷲★【通船】


新宮
[08:30]入港。
自由行動またはオプショナルツアーをお楽しみください。
[13:00]出港。
[17:00]入港。
自由行動またはオプショナルツアーをお楽しみください。
(新宮停泊)
【ドレスコード:カジュアル】
【船中泊】
朝食
昼食
夕食
3 3/9
(土)
新宮【通船】 自由行動またはオプショナルツアーをお楽しみください。
[17:00]出港。
【ドレスコード:カジュアル】
【船中泊】
朝食
昼食
夕食
4 3/10
(日)
横浜 [09:00]入港。下船後、解散。
朝食
なし
なし
  • スケジュールは気象、海象、現地事情により変更となる場合がございます。
  • ★は初寄港地です。
  • 【尾鷲】では通船により上陸の予定です。天候によっては上陸できない場合もありますので、ご了承ください。通船による乗下船は 30分〜60分を要します。

ご旅行代金(大人お一人様・消費税込み)

客室タイプ 2名様1室利用/大人お一人様代金
グループ3 126,000円
スタンダードステート 138,000円
コンフォートステート 151,000円
スーペリアステート 163,000円
デラックスツイン 239,000円
デラックスベランダ 264,000円
デラックスシングル 320,000円
ジュニアスイート 346,000円
ビスタスイート 446,000円
グランドスイート 628,000円
  • グループ3は、コンフォートステートを3名で利用した場合の代金です。
  • デラックスシングルと下段は1室1名利用代金です。
  • 1室3名利用代金と子供代金については、お問い合わせください。

オプショナルツアーのご案内 (予定・別料金)※詳細は、ご出発の約3週間前頃のご案内となります。

尾鷲
3/8(金)
●熊野古道 馬越峠を歩く 10,500円
新宮
3/9(土)
●熊野古道 高野坂 連絡バス 追加代金なし
●熊野古道 中辺路 小雲取越 15,000円
  • オプショナルツアーは商船三井客船鰍フ旅行企画・実施となります。具体的な内容とお申し込み方法は別途ご案内します。
  • 花の見頃は例年と異なる場合がございます。
お問い合わせ/資料請求
説明会のご案内

取消料(お客様による旅行契約の解除)

取消日 取消料
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
21日前まで 無料
20日前から8日前まで 旅行代金の20%
7日前から2日前まで 旅行代金の30%
旅行開始日の前日 旅行代金の40%
旅行開始日の当日(旅行開始後を除く) 旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 旅行代金の100%

ご旅行条件

最少催行人員 2名様
添乗員 添乗員は同行いたしませんが、船内係員がお世話いたします。
食事 朝食 3回、昼食 2回、夕食 3回
旅行企画・実施 株式会社JTB首都圏
観光庁長官登録旅行業第1759号
〒141-0021 東京都品川区上大崎二丁目24番9号 アイ・ケイ・ビル4階
受託販売 株式会社JTB PTS クルーズラウンジ横浜
観光庁長官登録旅行業第39号
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階

客船について

にっぽん丸

戦前から途絶えることなく客船運航を続けてきた商船三井客船のフラッグシップ。親会社の商船三井は、戦前から南米定期航路客船を運営していたが、定期客船運航が終了した1973年以降も、当時保有していた「あるぜんちな丸」を「にっぽん丸」(初代)と改名し、クルーズ事業を続けた。その後77年に、初代がリタイアした際、海外から購入したセブンシーズ号を「にっぽん丸」(第2代)と改名、そして90年に現在の「にっぽん丸」を建造、伝統のあるこの名前を受け継いで第3代目となった。

『にっぽん丸』をもっと詳しく≫

にっぽん丸


有料WEB会員様専用ログインページ

2015年5月31日をもちまして
新規会員登録を終了いたしました

おすすめコンテンツ

  • 説明会
  • 電子パンフレット
  • 客船図鑑
  • 客船動画/日本船
    • お申込みから出発まで
    • 一日体験
    • 体験談
    • 乗下船地・寄港地情報
    • Q&A/クルーズ用語
    • Q&A/クルーズ用語
おすすめコンテンツ